ウサギなつぶやき♪ ホーム » ウサギなヤマイ »発作で苦しむぼんちゃん

発作で苦しむぼんちゃん  

2016/3/10/1

昨日の夜のぼんちゃんです

左後ろ足、筋肉の付け根にまたガンができているので
痛そうです・・・
足をのばしてよこになってます

2016/3/10/2

でも、プリンペランもちゃんとシリンジで上手に飲んでくれるし

本当にいい子です!

2016/3/10/3

みなさん、ボクがんばりますぼん!


そうだそうだ、がんばれぼんちゃん^^

2016/3/10/4

晩のお野菜です

なぜかこゆきさんとれおぴんはイチゴを食べなくなってしまったので
ぼんちゃんだけイチゴちゃん♪

いっぱい食べてくれるといいな~ヽ(*´∇`)ノ

2016/3/10/5

ぼんちゃんも大葉からがっつり食べてました!

よかった~(TдT)

2016/3/10/13

そしてぼんちゃんのオヤツが届きましたよ!

乾燥イチゴ、パイン、バナナ、乾燥パパイヤの葉、乾燥パパイヤ、乾燥輪切りりんご
トロピカルフルーツです

でもぼんちゃん、乾燥イチゴちゃんしか食べませんでした(TдT)

2016/3/10/6

なので食べない分は、れおぴんとこゆきさんにおすそわけ~(*^^*)

乾燥パパイヤうまにゅー!!

2016/3/10/7

なにこれ~??こゆき食べたことない~!

美味ですのー



うちではオヤツはお野菜だけだったもんね^^


そんなほのぼのな昨日だったんですが

今日の昼ごろたいへんな事が起こりました・・・

ぼんちゃん急にひっくり返って苦しそうに暴れだしたのです

私は頭が真っ白ですぐに動けなかったのですが

たまたま家にSちゃんとKちゃんがいて

「おかあさん、ぼんちゃん早く出してあげて!

先生に電話!!」

ぼんちゃんを抱っこするとちょっと白目剥いていたものの

なんとか発作はおさまりました

2016/3/10/8

Kちゃんが、すぐに酸素室に入れた後、チューブを交換して酸素マスクにとりつけて

ぼんちゃんの頭をいれて吸引させてくれました

2016/3/10/9

業者さんが作ってくれた酸素マスク・・

こんなにすぐに使うことになろうとは思ってもなかったので

とてもショックでした


一之瀬先生に電話すると、最初はすぐ来てくださいとのことだったんですが

ぼんちゃんを酸素ハウスから出して移動するのは危ないとのことで

酸素ハウスの中にいたほうがいいとのことになりました

おそらく発作はガンのせいで脳に転移してるからかもで

酸素が一時的にいかなかったせいかも・・みたいな話でした

あいまいなのは、私がパニくっていて大失態なことに先生の話が

あんまり頭に入ってなかったんです


でも酸素ハウスの通気口を閉めて一時的に酸素濃度をあげて

ぼんちゃんの様子がよくなってきたら、すこしづつもとの濃度にさげるように

とのことでした


様子は、動きや、あと唇や口の中の色がピンクっぽくなってきたら

いいそうです

2016/3/10/10

酸素濃度をあげたら、ぼんちゃんも落ち着いてきました

もう正直ぼんちゃん、死んじゃうと思いました・・・

2016/3/10/11

そしてSちゃん、先生に電話のあと急いで病院に行く前にって

店までバイクを飛ばして、酸素吸引の缶を買ってきてくれました

なんてできる子なんだろうって、正直涙ものでした・・・

ほんとSちゃんとKちゃんがいなかったら、どうなってたか・・・・

2016/3/10/12

そして、今現在のぼんちゃんです

野菜はたまに少しかじってる程度で、おとなしくしてます

唇の色はピンク色になってきたので、少しずつ酸素の濃度をもとに

さげているところです


夜中に寝てる時また発作が起きたらどうしよう・・

すごく今不安でいっぱいです





ぼんちゃん頑張って!・応援クリックお願いします
にほんブログ村(うさぎ)へ クリックで投票になります  人気ブログランキング(うさぎ)へ クリックで投票になります 

スポンサーサイト

category: ウサギなヤマイ

tb: --   cm: 2

コメント

連日のぼんちゃんの頑張り、まみぽんさんご一家の頑張り、応援しか出来ないことが悔しいです。

少しでも参考になればと思って・・・

うちのセイヤくんですが、7歳になる少し前から片足ずつ動きが悪くなり、ほどなくして歩けなくなりました。

原因は不明。

まぁ、5年も前のことですから、今なら特定できたのかもしれませんね。

んで、上半身は起き上がれるので、吸水性の高いマットを敷き詰めて前足や下半身にあまり負担がかからない様にしていました。

私独自のやり方でしたが、毎日朝晩抱っこして片足ずつ屈伸させるマッサージをしてました。
少しでも筋力の衰えを抑えたくて。
片足ずつ曲げて伸ばしてを10回ずつ×2
最後は両足を揃えて曲げ伸ばし。

それでもやはりお尻が尿ヤケするので、病院で2週間に一回くらいお尻周りからお股の内側の毛を剃ってもらっていました。

いつ頃からか、急にぼんちゃんの様に発作をおこす様になりました。
急に喘ぎ出して首や手があらぬ方向に反り返るのです。
初めはびっくりして泣きながらセイヤくんの体を優しくさすることしかできませんでした。

それから発作はあらゆる状況で起きる様になりました。

マッサージをしているとき・先生が毛を剃っているとき・ケージの中でいきなり起きる時もありました。
あまりにも長い時はそのまま心臓が止まっちゃうんじゃないかと思うくらい。

今思えばぼんちゃんみたいに酸素室を作ってあげれば良かったと思います。

でもセイヤくんはそんな状態で4年も頑張ってくれたんです。

ぼんちゃんは原因もわかってるし、まみぽんさんもちゃんと対処しています。
発作は本当に見てるだけしかできないので辛いです。
でも出来るだけ心を落ち着けて接してぼんちゃんを安心させてあげてください。
大丈夫だよって声をかけてあげてください。
気休めにしかならないけど、ぼんちゃんもちゃんと理解してくれると思います。

何よりまみぽんさんは一人じゃない。
KちゃんもSちゃんも相方さんも一緒。
心強いじゃないですか。
一人で悩まずみんなで一つずつのりきっていこうね。

毎日蓮と青珠と共に元気玉送ります。

あまり参考にならないお話でごめんなさいね。。。

にゃおみん #Q1E7e3jA | URL
2016/03/10 20:19 | edit

☆にゃおみんさんへ
ありがとうございます・・・
何度も読み直しては泣いてしまいました

にゃおみんさんは本当にセイヤ君の看病とか
ほかのうーちゃんの看病がんばってましたものね・・
セイヤ君の発作・・4年も続いたんですね
にゃおみんさんの心労と看病の大変さがあらためてわかります

足のマッサージ、ぼんちゃんの状態がいいときを見て
やってみますね!
いまは酸素室から出すのは危険なのであまり時間は
かけられませんが・・・

ぼんちゃんにはいつも、声をかけて丸窓からナデコいっぱいしてあげてます
ぼんちゃんも気持ちよさそうにしてます

これがいつまで続くかはわかりませんが
ダメ飼い主ですが、出来ることいっぱい考えて
看病がんばりますね!

ほんとうにありがとうございました!!

まみぽん #kSi.wH62 | URL
2016/03/11 17:54 | edit

コメントの投稿

Secret

カレンダー

最近の記事

月別アーカイブ

プロフィール

最近のコメント

カテゴリー

FC2カウンター

▲ Pagetop